終身雇用の崩壊

終身雇用の崩壊

戦後の高度経済成長期に築かれた、年功序列、終身雇用という制度は、
成長の停滞や少子高齢化に伴い崩壊しつつあります。

不況が続く中、会社の倒産やリストラなどで、中高年の世代が
職業を失う、ということも珍しくなくなってきました。

そのような場合は、急いで再就職先を探さなければ、
家族ともども路頭に迷うことにもなりかねません。

また、そのような目に遭わないために倒産の危険の少ない会社や、
自分を高く評価してくれる会社への転職を考える人も増えていますし、

自分の能力に自信がある人は、さらなるキャリアアップや
収入アップを目指して転職をする、という人もいます。
つまり、最近では中高年でも再就職や転職をする人が増えているのです。

とは言っても、先ほどの例の中の、自分の能力に自信がある人はまだしも、
普通の中高年にとって、再就職や転職はかなりハードルの高いものです。
大学新卒者でも約6%が就職できないという状況ですからそれも当然でしょう。

しかし、そんな中でも再就職や転職を成功させている中高年もたくさんいます。

そのような人は、どのように就職活動をしたのでしょうか。
また、どのような能力を持ち、どのように自分をアピールしたのでしょうか。
特別な能力を持っていたり、強力なコネがあったりしたのでしょうか。

いいえ、そんなものがなくても、再就職や転職をすることは可能です。
もちろん、漫然として何も考えずに就職活動をしてうまくいくわけではありません。

再就職や転職を成功させるにはコツがあります。
そのためにはどのようなことを心がければいいのか、考えて行きましょう。