中高年の仕事探し方法

中高年の仕事探し方法

いざ仕事を探そうと思った時に、どのような探し方があるでしょうか。
まず、ハローワークがあります。職業安定所、職安

といった呼び名の方が慣れているかもしれませんが、
最近はインターネット上で「ハロワ」などと略されたりもしています。

ハローワークの利点として、地元の求人情報が多いこと、
小規模な会社が多いのですが中高年の求人も多いことがあります。

しかし、不景気のせいか混雑していることが多く、待ち時間が長いこと、
事務的な対応をする職員が多いことなど、
民間ではないのでサービス面ではあまり期待できません。

また、基本的に自分でパソコンを使って求人検索を行いますので、
ある程度はパソコンを使えた方がいいでしょう。

次に、インターネット上の求人検索サイトがあります。
求人検索サイトの利点は人と会わずに職を探せること、掲載件数が多いこと、
自宅からどんな時間でも求人検索ができ、待ち時間がないこと、
履歴書の提出などもオンライン上でできることなどがあります。

ただ、比較的若い人向けの求人が多いことと、
サイトが増え過ぎていて、分かりにくいかったり使いにくい物が多いのも難点です。

そして一番のおすすめは、転職系のサイトに登録する方法です。
いわゆる転職系サイトでは企業にあなたを入社させることで、企業から手数料を受け取ります。

ですから、紹介してもらう側は相談料や紹介手数料などは基本的には無料です。
企業に入社させて手数料をもらうのですから、採用支援は積極的ですし、
企業の人事から直接求人情報を入手していることが多く、的確な求人となります。

また、マンツーマンの面談で細かく希望を聞いてくれたり、
中高年向け企業斡旋のサポートが充実していたりといったメリットがあります。

しかし、一定期間内に辞めると人材紹介会社が企業に違約金を払う場合もあるので、
一度働き出すと自分と合わない会社でも辞めないよう説得されることもあります。

また、担当コンサルタントとの意思疎通がうまくいかないと
希望していない会社を勧められることもあります。
それぞれに長所も短所もありますのでうまく使い分けましょう。