再就職手当とは

再就職手当とは

中高年が再就職・転職をする際に再就職手当はありがたいですね。

再就職手当とは、雇用保険受給資格者が
早期に再就職した際にもらえる手当のことです。

失業保険の支給日数を2/3以上残して再就職した場合、
支給残日数の60%の金額をもらえます。

1/3以上残して早期に再就職した場合は、
支給残日数の50%の金額をもらうことが可能です。

再就職・転職する際には、何かと金銭的に出費が多いですよね。
必ずしも前の職場と給与の締め日・支払い日が
同じだとは限りませんので、再就職手当は何かと助けになります。

失業保険が受給できると思うと、
再就職に向けて「まだ大丈夫だろう」という甘えが出てしまいます。

しかし、「再就職手当をもらために早く再就職を決めるぞ」
と思えば、自然に素早い行動が取れるものです。

失業手当や再就職手当をもらうためには、
退職後、離職票を持ってハローワークに行きます。

最初の手続きが終われば、月に1回の認定日にハローワークに行けば良いだけなので、
転職するために使える時間はたくさんあります。

ただし再就職手当は、1年を超えて長期採用されることが条件になるため、
アルバイトが決まったり短期の派遣では適応されない場合がほとんどです。
詳しい条件は、最寄りのハローワークに問い合わせると良いでしょう。