中高年は期待されている

中高年は期待されている

確かに、中高年の再就職や転職を考えると、ハンディが先に思い浮かびます。
若い人を採用する方が人件費も安く済むし、
経験がない分かえって素直で、物覚えもいいだろう、それに比べて中高年は・・・

そのように考えている採用担当者がいることも事実です。
しかし、よく考えてみると、中高年ならではの強みというものがあるのです。

求人は35歳を過ぎると減少します。これは紛れもない事実です。
しかし、不況が長く続く昨今、企業のリストラも進み、
職場には20代〜30代前半の若手が増えています。

この年代は、給料が安い代わりに経験も少なく、
責任ある立場を任せるには少し不安があります。
つまり、これらの人々を管理し、育てていく人材が必要になっているのです。

また、団塊の世代が抜けた今、技術やノウハウの若手への引き継ぎが
うまくいっていない会社もたくさんあります。
だからこそ、中高年の管理能力やマネジメント能力が必要になるのです。

ですから、若手の育成に力を入れている企業は再就職や転職にはチャンスです。
会社としては、自社のことしか知らずに長年勤めてきた人よりも、
他の会社のことも知っている人間の知識や経験の方が有用なこともあります。

他社のやり方を知ることで、自社のやり方の問題点や特徴が見えてくるからです。
また、中高年者も新しい経験を得て、さらに能力をアップさせることができ、
人間としての幅を広げることができるでしょう。

専門分野に自信がある人はもちろん、
経理や人事、財務などマネージメントができる人も会社は求めています。
自分に自信を持って就職活動を頑張ってください。