退職する際に会社に返す物と受け取る物

退職する際に会社に返す物と受け取る物

退職する際に、会社に返すものをまとめてみました。

健康保険の被保険者証、社員証、社員バッジ、名刺、通勤定期、鍵、制服等があります。

また、会社の経費で購入した物を揃えます。
主に書籍、パソコン、文房具、印鑑等があります。

他には社内の機密に関わる、
資料やデータ、報告書、企画書、図面類、取引先の名刺、社内マニュアルなどがあります。

ボールペンの一つまで返却するので、初めての際には驚く方もいるでしょうが、
全て会社の経費で購入されたものなので、もれなく返却しましょう。

次に会社から受け取るものを記載します。

雇用保険被保険者証は、雇用保険の加入を証明する書類として
離職後ハローワークに行く際に必要になります。

離職票は、ハローワークに提出し失業保険をもらうために必要ですが、
退職しておよそ10日程度で郵送されます。

源泉徴収票は、確定申告に必要になるので、
退職後1ヶ月程度で自宅に郵送されてきます。

年金手帳、厚生年金基金加入者証も合わせて受け取ります。
他には、該当する場合に退職金や未払い賃金などを受け取ります。

もし、会社が倒産してしまった場合には、
国が未払い金と退職金を立て替えてくれる制度もあります。

会社から受け取るものが不足していた場合や遅延している場合は、
今後の手続きに関わるので早めに請求した方が良いです。